読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釜我ヒロヤス

画家・釜我ヒロヤスのブログです

まちかど 第8回(2006年8月)

f:id:hiro_kamaga:20170116213656j:plain

平等寺

 

やっと! ギラギラした日ざしと、ギラギラとした蝉の鳴き声!
人が顔を合わすと挨拶がわりの、暑いね! そんな日常になりました。

暑い日曜日の午後、我がカフェ・アートバールの東洞院の近所を探索しました。
京都の碁盤の筋と違った曲がりくねった路地を歩くと
ビルとマンションの中に時代のコントラストを感じる歴史のあるお寺を見つけました。
平等寺(びょうどうじ)因幡薬師とも呼ぶのかな? 承安元年(1171年)高倉天皇
平等寺と命名されたそうです。ここには日本三如来像の一つ薬師如来
重要文化財)が安置されていると知り感動!
よそと違った雰囲気の中にある平等寺を8月のスケッチにしてみました。

更に周辺をぶらぶら歩くと日曜日とあってお店や商店街はお休み。
平等寺の前に懐かしい銭湯「薬師湯」がありました。
また近くに、おしゃれな喫茶店がありました。
ちょっと入ってみたいお店「Kitone」。静かに時間をすごせるかも。

更に歩くと、小さくおしゃれな自家製パン屋さんを見付け、中に入り変わったメロンパン
(ピンクのメロンパンです)と好きなあんパンを買いました。
お店の名前は「ブランジュリーマッシュキョウト」(東洞院通高辻下ル)。

こんな暑い午後の発見探索でした。

 

*****