読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釜我ヒロヤス

画家・釜我ヒロヤスのブログです

アートエッセイ(2015年2月)

f:id:hiro_kamaga:20170201192130j:plain

北アルプスの初積雪(池田市)」

 

f:id:hiro_kamaga:20170201192137j:plain

安曇野中山高原紅葉
「紅葉時期は最高でしたがアルプスには雲のカーテン」

 

 

昨年の12月末は風邪をひいてしまい大変でしたが、
1月は風邪もひかず元気で過ごせました。
しかし2月は例年より寒い日がつづきそうで、
体調管理がたいへんな今日このごろです。
寒いからと言って家の中で過すのも
また健康のために良くないですよ。
と友人から言われると、それもそうだよな!
……と納得している自分。
若いころは、思い立ったらすぐ行動ができていたのに、
今の自分は行動する際、“よっこいしょ”と一呼吸し
腹をくくって行動する事が多くなりました。
今年はどれくらい言うのか!?
TVでは、湯川さん、後藤さん誘拐殺害で
悲しい報道が連日伝えなれています。
自ら命を張ってまで、なぜ危険な地域へ出掛ける行動が取れるのか?
今の自分には決して真似の出来ない行動です、
後藤さんを尊敬する次第です。
残念ながら犠牲になられた
湯川様、後藤様の御冥福をお祈りいたします。

 

*****

 

アートエッセイ(2015年1月)

f:id:hiro_kamaga:20170201191901j:plain

「私の年賀状」

 

f:id:hiro_kamaga:20170201191928j:plain

「果物とガラスコップの薔薇」(油彩)

 

 

読者の皆様、
新年あけましておめでとうございます。

一年がよい年でありますようにお祈り申し上げます。

今年も自分はやりたい事はたくさんあるな!
だけど先立つものと時間がないので・・・
夢は大きいが牡丹餅で・・・!?

元気に目標を決めてがんばるゾー!!!

どんなことがまっているのかな・・・
ワクワク・ドキドキ!?

 

*****

 

アートエッセイ(2014年12月)

f:id:hiro_kamaga:20170201191052j:plain

里山、茅葺の民家」(水彩)

 

f:id:hiro_kamaga:20170201191101j:plain

高瀬川と爺ヶ岳」(水彩)

 

 

一年の自分への反省

今年ももう12月。
時が過ぎるのを早く感じる年齢となったなーと考えるばかりです。
この一年の自分を振り返ってみると、
幸せなことは無事で過ごせたことでしょうか。
しかし何事をするにもバタバタと時間に追われ、
落ち着いて進めることが出来なかった事は自己反省です。
計画を立てても、なかなか実行できませんね。
といっても自分自身に対し、新たな二つの挑戦ができました。
この気持ちで新たな年もバタバタとしながら、
新たなことへ挑戦していきたいですわ。

気持ちに負けて体がダウンしてしまうかもしれません・・・!!

もう一つ大事な反省点、
マンスリーホットラインの原稿を数ヶ月空けてしまいました。
申し訳ありませんでした。
そうならないように頑張るゾー!!!


【12月のスケッチ作品】

1)里山、茅葺の民家・・・(水彩)
我が住む周辺には哀愁を感じる民家がなくなりました。
住む人は維持していくのが大変なんでしょうね! 
時代のながれで快適さや手入れから考えると
消えていくのは当然のことでしょう。
私も日本家屋の記録として風景として、
見つけた時は描き残したい題材です。

2)高瀬川と爺ヶ岳・・・(水彩)
10月末に久しぶりのスケッチ旅行で安曇野へ行ってきました。
紅葉のいい時期で天気がよく、車で樹木に囲まれた道を通ると
陽射しが葉の黄色から赤の鮮やな色彩で目を染めてくれました・・・感動!!
自分が幼い頃住んでいた山里の山へ
父に連れられ入った時の色彩の印象が思い浮かんできました。
スケッチは別な場所から描いています。

 

*****

 

アートエッセイ(2014年11月)

f:id:hiro_kamaga:20170201190647j:plain

「大きな帽子の女性」

 

f:id:hiro_kamaga:20170201190658j:plain

雲ヶ畑の坂道」

 

 

この時期、大阪方面の電車に乗ると、京都で降りる方が多くなりました。
普段は席に座れるのですが、車内は立つ人が多く混みあっています。
それが、京都駅でほとんどの人が降りてしまいます。
紅葉が始まりましたから、旅行者も近隣の人達も紅葉を観照するために、
京都へ出掛けて秋をエンジョイしているんですね!!

しかし、この時期は京都へ出掛けることが控えめになります。
人、人、人で混雑!歩きにくいので疲れてしまいます。


【11月のスケッチ作品】
先月、京都の「京つけもの西利 祇園店 ぎゃらりぃ西利」にて
開催しておりました「ふたり展」作品より

1)大きな帽子の女性・・・(水彩)
大きな帽子が印象的で、その帽子をかぶった女性のイメージです。

2)雲ヶ畑の坂道・・・(水彩)
山の天候は瞬時に変わる、そんな言葉通りの日でした。
陽が出て晴れたかと思うと、陽射しがある状態で雨が降り止んだり。
そんな合間のスケッチでした。

 

*****

 

アートエッセイ(2014年10月)

f:id:hiro_kamaga:20170201190309j:plain

「赤いコートの女性」

 

f:id:hiro_kamaga:20170201190320j:plain

信楽線旧道路」

 

 

私の気持ちのなかでは、もう10月かという思いです。
気候も穏やかでいい季節なのに、気持ちは重い感じです。
今月はハードな日々が続きそうで、
事をどうこなして行こうかと悩んでいます。
今月いっぱいは日々時間との戦いになりそうです。
体調と精神力が持つかナ…!?

スケッチ2枚目の「信楽線旧道路」、
昔、信楽に行く際、車でよく通った道なのですが、
広い迂回道路が開通したため、車はほとんど通らなくなりました。
車同士がすれ違うのもやっとの狭い道でした。
この道を以前からスケッチしてみたいと思っていたので、
晴れた日に出かけてみました。
行ってみると途中で通行止めになっていました。
一ヶ月前の大雨で土砂崩れが起こっていたようです。
お蔭で静かにのんびりと、
妻がにぎってくれた“おにぎり”をほおばりながら、
楽しい気分でスケッチ完了しました。

 

*****

 

アートエッセイ(2014年5月)

f:id:hiro_kamaga:20170125232247j:plain

「京都町家の錆びたトタン壁」

 

f:id:hiro_kamaga:20170125232256j:plain

「ビル谷間の瓦の商店」

 

 

五月はサラリーマンにとって楽しい月かも知れませんね!
GWで休日が沢山で、若者や家族はレジャーを楽しめますよね!
私はいつも休みみたいだから
特に連休がうらやましいとは感じないですね。
しかし、連休はどこへ行っても人、人、
どこへ行くにも電車は満員。
道路は渋滞で楽しむのも大変たいへんだぁー!!
一番大変なのは、車を使って仕事をしている人で、
そんな人達からすれば、大変で迷惑なことかもしれないなぁー!!
時期的には、さくらの花も散ってしまい、
花見が出来なかった人達には少しざんねんかも!!

最近の気候は暑かったり寒くなったりと体調管理も大変だわ!
朝起きて、外をみて空気の澄み具合をチェックするようになりました。
大気汚染PM2.5の影響をチェック!
霞の空の状態が少なく、陽が照っているのに見えるべき山が
真っ白い空で全く見えない日が多くなったような気がしますよ!!
このような日に限って時間が空いているのに
スケッチへも出かけられず残念・・・
景色が見えないですからね!

久しぶりに京都市内を散歩してみました。
通りなれた道を改めて歩いてみると新しい発見がいろいろとありました。
また、少しづつ通りの風景が変わっていることを感じ
町も生きているんだとあらためて感じました。

************************************

〈展覧会のお知らせ〉

f:id:hiro_kamaga:20170125232304j:plain

「ぼんあみ[Bon ami]展」
2014年8月20日(水)~8月26日(火)

京都・祇園 ぎゃらりぃ西利4階
(金曜日20:00迄 最終日16:00迄)
京都市東山区四条通祇園町南側
京つけもの西利祇園店4階
TEL : 075-525-7111

 

*****

 

アートエッセイ(2014年4月)

f:id:hiro_kamaga:20170125231709j:plain

「瓦礫の中の梅林」

 

f:id:hiro_kamaga:20170125231720j:plain

「新草津から見る高層ビル」

 

f:id:hiro_kamaga:20170125231728j:plain

「桜ヶ丘のさくら」

 

 

待ちどうしかった春、
ヤー!ヤー!ヤー!とやって来た。
まだまだ、草木の芽は出ていないが、
日差しをあびると気持ちがいい気候!
この時期には、畑や他の屋敷の庭には梅の花、ま・ん・か・い!!
私の鼻の穴へ梅の香りがさしこんで脳が刺激される。
例年、このころは我が家の近くで、
まだ発声が完璧でない鴬がやってきて鳴いていたのに
まだ今年は聞けていません。
木が伐採されて住宅が増えたからでしょうか?

これからの桃、桜の花が咲くのは、いつ頃かな!?
わくわく!・・・子供のころ遊んだことを思い出します。
まだ歩かぬ孫、散歩しながら花見の見物がまちどおしい。

 

*****